目的物滅失等についての危険の移転

民法改正(令和2年4月1日施行)

目的物引渡後に滅失・既存が生じた場合の危険の移転と売主の担保責任との関係について明確に定めました。

 

目的物の滅失等についての危険の移転(567条)

→ 目的物引き渡し後に、当事者双方の責めに帰することができない事由によって目的物が滅失又は損傷したときには、買主はこれを理由とする担保責任の追及をできない。

→ 買主は代金支払を拒絶できない。

→ 契約内容に適合した目的物を引き渡そうとしたのにも関わらず、買主がそれを受領せず、その後当事者の帰責事由なく目的物が滅失・損傷したときにも、同様の取り扱いをする。

 

「民法改正R2.4.1」トップへ


カテゴリー: 民法改正(令和2年4月1日施行)内容の整理, 契約に関する条文の改正   パーマリンク

コメントは受け付けていません。