他人の権利の売買

民法改正(令和2年4月1日施行)

他人の権利の売買が有効であり、債務不履行のときには一般的な規定によることを明文化しました。

 

他人の権利の売買(561条)

→ 売主に「他人の権利を取得して買主に移転する義務」を負わせて、債務不履行があった場合の一般的な規律によることとした。

→ 善意の売主に解除権を認めた旧規定を廃止。

 

「民法改正R2.4.1」トップへ


カテゴリー: 民法改正(令和2年4月1日施行)内容の整理, 契約に関する条文の改正   パーマリンク

コメントは受け付けていません。