贈与契約について

民法改正(令和2年4月1日施行)

贈与契約の条文の言葉を法的性質に合わせて修正するとともに、担保責任について売買の担保責任と整合性がとれるように定めました。

 

1 贈与規定の文言修正

→ 他人物贈与も有効なため「自己の財産」を「ある財産」に修正。

→ 書面によらない贈与につき、法的性質に則して「撤回」を「解除」に修正。

 

2 贈与者の担保責任(551条)

→ 売主と同じく、種類、品質及び数量に関して契約に適合した目的物を引き渡す義務を負う(2項)。

→ 但し、贈与の目的として特定した時の状態で引き渡せば契約適合となる(1項)。
【趣旨】贈与者の担保責任を軽減しようとするもの

 

「民法改正R2.4.1」トップへ


カテゴリー: 民法改正(令和2年4月1日施行)内容の整理, 契約に関する条文の改正   パーマリンク

コメントは受け付けていません。