競売における担保責任

民法改正(令和2年4月1日施行)

競売で買い受けた者からの担保責任追及について、他の担保責任と合わせる形で改正をしています。

 

競売における担保責任(568条)

→ 契約解除と代金減額請求のみ可。

→ 目的物の種類又は品質に関する不適合の場合には担保責任の追及不可。

→ 追完請求は認められず、従って追完の催告も不要。

→ 損害賠償請求も原則として不可。但し、債務者や債権者が物もしくは権利の不存在を知っていたときには、それぞれに損害賠償請求できる。

 

「民法改正R2.4.1」トップへ


カテゴリー: 民法改正(令和2年4月1日施行)内容の整理, 契約に関する条文の改正   パーマリンク

コメントは受け付けていません。