売買の手付の規定について

民法改正(令和2年4月1日施行)

売買の手付けに関する規定を判例・実務に沿って改正しました。

手付(557条1項)

手付けについて、以下の3点の改正を行った。

① 手付倍戻しにつき「現実の提供」を明文化

② 履行着手者からの解除を明文化

→ 「相手方が契約の履行に着手した後」として、履行着手者からの解除を認める判例を明文化した。

③ 履行の着手の存否についての主張立証責任の明文化

→ 手付解除の有効性を争う者に履行の着手の主張立証責任があることを明確化。

 

「民法改正R2.4.1」トップへ


カテゴリー: 民法改正(令和2年4月1日施行)内容の整理, 契約に関する条文の改正   パーマリンク

コメントは受け付けていません。