経過措置規定~原則

民法改正(令和2年4月1日施行)

改正前の旧法と改正法とのどちらが適用されるか、についての原則を定めました。

 

経過措定の原則

・2020年(令和2年)4月1日から施行される。

・法令の適用の結果について当事者の予測が形成される一定の事象の発生を基準とし、それが施行前であれば新法は適用しない。

→ 施行日以後に債権・債務が発生した場合でも、その原因が施行日前に生じていたときには旧法が適用される(不足10条1項・17条1項等)。

→ 但し、各規定の性質上、この経過措置規定の原則が修正される場合がある。

 

「民法改正R2.4.1」トップへ


カテゴリー: 民法改正(令和2年4月1日施行)内容の整理, 経過措置の規定   パーマリンク

コメントは受け付けていません。