過失相殺の規定を明文化

民法改正(令和2年4月1日施行)

過失相殺の規定を従前の実務に合わせて明文化しました。

 

過失相殺で考慮すべき事由を明確化(418条)

・不履行についての債権者の過失のみならず,損害の発生または拡大についての過失も考慮すべきと規定。

 

「民法改正R2.4.1」トップへ


カテゴリー: 民法改正(令和2年4月1日施行)内容の整理, 債権の総論的な条文の改正   パーマリンク

コメントは受け付けていません。