自己破産をする前のチェックリスト|静岡市の花みずき法律事務所

無料相談のご予約フォーム
TEL:054-260-5275
Call: 054-260-5275
無料相談のご予約フォーム

借金は整理できる!

自己破産をする前のチェックリスト

自己破産を依頼する前に注意しなければならないことは?

弁護士からのアドバイス

1 最初が大切

自己破産を弁護士などに依頼するときに、忘れずに弁護士に話しておいた方がよいことがあります。
 
当事務所でチェックリストをお渡ししながらご説明していることを整理してみました。これを知らないで手続を始めると、後でビックリして困ることもあります。
 
多くの弁護士も確認してくれるとは思いますが、もれがないようご自分でも確認されるとよいと思います。
 
  
 

2 自己破産を始めるときに確認すること

(1)借入の開始時期と返済年数
 
 借り始めた最初が2010年(平成22年)以前の場合には、法改正前なので過払金が発生している可能性があります。
 
 また、そのときの利率が18%を超えている場合には特に過払金がないか確認する必要があります。
 
 他の会社からの借金が残っていても、過払金があれば、破産申立の資金に回すこともできるので、ご負担が軽くなることがあります。
 
 
(2)受任通知によって借入やクレジットができなくなっても構わないか?
 
 弁護士が自己破産の受任通知を送ると、借入、クレジットカードの利用ができなくなり、保証人の審査に通らなくなります。
 
 また、アパートを借りるときに保証会社を使う場合には、その審査に通らなくなることもあります。
 
 今後の生活の予定を十分に考えてから依頼するようにしましょう。
    
 
(3)保証人に一括請求がされても構わないか?
    
 自己破産の受任通知を弁護士が送ると依頼者への請求は止まりますが、保証人がいる場合にはそちらへ一括払いの請求がされます。
 
 例えば、住宅ローンを借りた人が自己破産した場合、保証人に一括請求がされますので、保証人になっていた家族も自己破産しなければならないこともあります。
 
 保証人がいるかどうかは、事前に確認が必要でしょう。
 
 
(4)自分自身が保証人となっていないか?
 
 保証人になっている人が破産すると、債権者に通知を出すことになるため、普通は主債務者(借りた人)にも知られることになります。
 
 例えば、離婚した後に住宅ローンの保証人になっていた元妻が破産すると、受任通知を借りた銀行などに出します。
 
 その結果、銀行などから元夫に連絡が行き、元妻が破産したことが知られるということです。
 
 その場合、主債務者(借りた人)である元夫に一括請求がされることは少ないようですが、契約上は一括請求できると定められていることも多いので注意が必要です。
 
 
(5)債権者となっている金融機関に預金口座は無いか?
    
 弁護士が依頼を受けて銀行などの金融機関に通知を出すと、その金融機関の預金口座が一時的に凍結されてしまいます。
 
 場合によっては、預金と借金とが相殺(差し引き)されてしまうことがあります。
 
 また、給料の振り込み口座を凍結されてお金を出せなくなったら生活ができません。
 
 そのような場合には、事前に預金の全額をおろして保管したり、給料の振込口座を変えてもらっておく必要があるのです。
 
 
(6)銀行引き落としで支払っている債務はないか?
 
 弁護士が通知をお送ると、債権者からの請求は止まります。ですから、毎月の支払いなども止めていただいて構いません。
 
 もっとも、毎月の支払いが銀行の口座から自動引落でされている場合には、引落を止めるのに数ヶ月かかります。
 
 そのため、銀行引落で支払っている口座については残高を0円にしておいていただく必要があります。
 
 同じ口座から電気、ガス、水道などの光熱水費が支払われている場合や給料の振込口座の場合には、口座を変更していただくか、光熱水費はコンビニ払いなどにしていただく必要があります。
 
 
(7)借入から名字・住所に変更はないか?
 
 債権者は、弁護士から受けた通知を見て、お名前、住所、生年月日などから本人の特定を行います。
 
 そのため、借り入れた後に結婚されて名字が変わっている場合、借入の時と住所が違う場合には、借り入れたときに名字や住所を債権者に知らせる必要があります。
 
 早めに債権者からの請求を止めるためにも、弁護士には変更があったことを早めに伝えるとよいと思います。
 
 
(8)滞納税金はどれくらいあるか?
 
 破産をしても税金は免除(免責)されません。
 
 また、滞納税金ににより差押えをうけてしまうと破産しても差押えを解除することができません(借金の差押えであれば解除できます)。
 
 ですから、できるだけ税金は滞納しないで破産手続に進んでいただくと良いとは思います。
 
 例外的に、不動産や保険解約返戻金など、相当額の資産がある方は、破産手続の中で税金を支払うこともありますので、ご相談される弁護士にご確認いただくとよいと思います。
 
 
(9)家族は借金のことを知っているか?
 
 自己破産手続を家族に内緒で行うことは可能です。
 
 自己破産される方と家族との関係は様々なので、必ず家族に話さなければならないというわけではありません。
 
 例えば、夫や妻が借金に非常に厳しい人で、理由があっても理解してもらえないような場合には、離婚を避けるために秘密にすることも必要でしょう。
 
 ただ、ご自分一人で解決するのですから、自己破産後は自分自身で生活を立て直していくという覚悟も必要となります。
 
 
(10) 住宅ローン(抵当権等)・自動車ローン(所有権留保)の有無
 
 自己破産手続の通知を弁護士が送ると、例えば住宅ローンについては支払いが止まるとともに、抵当(担保)に入れている住宅(土地・建物)について売却を求められます。
 
 また、自動車ローンで債権者が所有権を持っている(所有権留保)の場合には自動車の引き上げを1ヶ月程度で求められます。車検証の「所有者」の欄を見ていただいてご自分ではなく債権者になっている場合には引き上げられると予測していただければと思います。
 
 自動車を通勤などで必要な場合には、①親族の援助で中古車を購入する、②安い中古車(目安としては20万円以内)を一括で購入するなどの方法も考えられます。事案によって異なるので、相談の際にはお話いただくとよいでしょう。
 
 

3 自己破産で忘れがちなこと

(1)依頼後に資産をお金に変えたときには、そのお金は分けて保管すること
 
 自己破産を依頼した後に、保険を解約して解約返戻金を受け取ったような場合には、そのお金は依頼した弁護士に預ける必要があります。
 
 もし、預けない場合には、別途分けて保管いただくことになります。
 
 給料については、生活ができないと困るので、生活費に使っていただくことは構いません。
 
 
(2)親族や知人からの借入も支払ってはいけないこと
 
 債権者の中には、銀行や消費者金融だけでなく、個人もふくまれます。
 
 ですから、親・配偶者・子・兄弟姉妹などの家族や友達から借りているときには、弁護士からそれぞれに通知を出さなければなりませんし、支払いをすることもできません。
 
 「債権者平等の原則」といって、全員が同じように破産による免除を受けなければならないのです。
 
 できれば、支払いが苦しくなる前に、迷惑をかけたくない方には全額返しておいた方がよいでしょう。
 
 
(3)滞納家賃があると大家さんも債権者となってしまうこと
    
 自己破産のご相談を受けるときに、家賃の滞納をされていると非常にこまります。
 
 この場合、大家さんも「賃料債権」を持っている立派な債権者なのです。
 
 かといって、弁護士が「滞納家賃は支払えません」と通知を出してしまうと、当然、退去を求められます。
 
 支払いが苦しくなってきても、退去したくなければ、家賃だけは滞納しないようにしましょう。
 
 
(4)裁判を起こされていたり、判決が出ていたりすると早い対応が必要なこと
 
 お金を返せなくなって裁判を起こされたり、支払いを命ずる判決が出ていても、自己破産が認められればその支払いも免除(免責)されます。
 
 もっとも、破産が認められる前であれば、判決が出ていれば、給料の差押えなど強制的に財産を債権者が取り上げることができます。
 
 そのようなことが起きないよう、裁判がおこされているようなときには早めに自己破産の手続をすすめる必要があります。
    
 
(5)不動産(土地・建物)を持っているときには処分する必要があること
    
 自宅ももちろんですが、自宅以外の不動産も処分する必要があります。
 
 
(6)父母等が死亡して名義変更(相続登記)していない土地・建物も処分する必要があること
 
 ご両親や兄弟姉妹が亡くなって、相続人になっているけれども遺産を分ける手続(遺産分割)を行っていない場合があります。
 
 この場合には、例えば、土地・建物の名義や預金の名義が亡くなった方(例えばご両親)になっています。
 
 一見、ご自分の資産ではないように見えますが、実は法律が定めた相続分(法定相続分)については既に相続されているという扱いをします。
 
 そのため、土地・建物や預金の法定相続分については、自分の物と同じように破産手続で売却・解約などをする必要が出てくるので注意が必要です。
 
 なお、自己破産を予定しつつ遺産を分ける手続(遺産分割)をして、ご自分は外れて他の相続人の名義にすると、それが後から問題になって返還を求められることがあるのでご注意を。
 
 
(7)退職金の8分の1はご自分の財産と取り扱われること
    
 自己破産手続では、ご自分の財産のうち99万円を超える財産は、原則として債権者への支払いに充てることになります。
 
 そこで財産が99万円以上あるかを検討するときに、忘れがちなのが退職金です。
 
 ここでは2つの問題があります。
 
 ①退職金の8分の1が財産として計上されるがそれが99万円を超えないか、②申立をするときの退職金の金額を会社に計算してもらうことができるか、です。
 
 退職金の8分の1が99万円を超えるときにも、事情や金額によっては保留してもらえることもあるので、これは相談する必要があります。
 
 ②では、「退職金見込額証明書」を会社で発行してもらう必要があります。
 
 でも、当然、会社からは「仕事を辞めるつもりか?」とか「何のために必要なのか?」という疑問を持たれてしまいます。
 
 私の経験でも、自己破産が一番周囲に発覚しやすいのは、このときです。
 
 必ず会社の社長印が必要なわけではないので、総務や経理の担当者で口が信用できる人がいるときには、その人に発行を頼んで印鑑をもらうなど工夫していく必要性は高いでしょう。
  
 
(8)20万円を超える財産には注意が必要なこと
 
 預金や生命保険の解約返戻金の額が20万円を超えるものがあるときには、破産の申立をするときに説明をしていく必要があります。
 
 
(9)新しい(初年度登録6年以内)自動車・バイクは資産と扱われること
 
 
(10)破産によって資格が停止されることがあること
 
 
(11)免責不許可事由の有無~多額のギャンブル・風俗・愛人への援助・財産隠し・相談直前の多額の借入など
 
 

4 自営業の方が特に注意すること

(1)営業を廃止しているか?
    取引先への支払いができなくなるため、仕入れをすると「物を受け取って支払いはしない」という詐欺的な行為になってしまいます。
    自己破産をするのであれば、弁護士が通知を送ると同時か、それ以前に営業を廃止する必要があります。

 
(2)従業員は解雇しているか?~従業員への給与も支払不可となる
 
(3)未払い賃金は無いか?~立替払制度利用には解雇後6ヶ月以内に申立or事実上の倒産認定(労基署)が必要
 
(4)買掛先にめ迷惑をかけることを覚悟しているか?

問題解決アドバイス

お困り事別

弁護士のお役立ち情報と雑感@静岡
ページの先頭へ