静岡の弁護士事情|花みずき法律事務所

無料相談のご予約フォーム
TEL:054-260-5275
Call: 054-260-5275
無料相談のご予約フォーム

弁護士に依頼する前に知っておこうQ&A

静岡の弁護士事情

地域によって弁護士の能力ややり方に違いはあるのですか?

弁護士からのアドバイス

東京の弁護士との比較

中途半端に近いところに首都があるため、静岡の弁護士が東京の弁護士と比較されることはあります。

「東京の弁護士の方が腕がいい」と言っている方を見かけたこともあります。

東京の弁護士とは何十件も事件で当たっていますが、一般の民事事件については大きな違いはないといいう印象です。

人柄も力も素晴らしいと思う弁護士もいれば、ダメダメな弁護士もいます。

ただ、静岡で仕事をしていると、静岡地方裁判所、静岡家庭裁判所には、各支部ともよく行きますし、弁護士会としての仕事もあるので、「下手な仕事をすると恥ずかしい」という気持ちが働きます。

そのため、一定の水準以上の仕事をしなければならないという責任感は強く持っていると思います。

これに対して、東京だけの特殊性として、「同じ弁護士や裁判官と2回当たることは珍しい」という事情があるため、弁護士の個性がそのまま出るのです。

知っている弁護士や信頼できる人の紹介で東京の弁護士を選ぶのは良いと思いますが、インターネット情報を鵜呑みにして東京の弁護士を選ぶのは危険だと思います。

 

静岡県内の弁護士事情

弁護士会は都道府県単位なので、弁護士会も「静岡県弁護士会」という単位となります。

そして、県民の皆さんは良くご存知のとおり、静岡県の特徴である東部・中部・西部の独立性が強く現れています。

例えば、裁判所は県庁がある静岡市にある組織を「本庁」と呼び、沼津、浜松を「支部」と呼びます。

しかし、弁護士会は3つが対等で、「沼津支部」「静岡支部」「浜松支部」との構成になっています。

弁護士の数も、静岡支部が最も多いとはいえ、沼津支部、浜松支部もそれほど大きな差があるわけではありません。

さて、これから依頼しようとする皆さんにとって、気になることは弁護士の先輩、後輩関係で遠慮があって、自分のために精一杯の主張をしてくれないことがあるのではないか?ということです。

これは、プロスポーツやプロ棋士などと同じだと考えていただければ分かりやすいと思います。

日頃はその世界の先輩として敬意を払っていたとしても、いざ仕事で対決するときに遠慮するか?ということです。

プロの弁護士である以上(プロでない人は違法ですが・・・)、自分の仕事にプライドや生きがいを持っています。

そのため、仕事になれば、日頃仲良くしている相手であっても、自分の知識や経験を精一杯生かして冷静に主張や反論をしていきます。

弁護士は対立する事件に気持ちを入れることは必要ですが、感情を入れてはいけません。

いわゆる「ハートは熱く、頭はクールに」ということです。

頭まで熱くなると、依頼者側の弱点を守ることを忘れたり、相手のミスを見逃したりしてしまうのです。

テレビドラマのように法廷や準備室で怒鳴り合っているのは「悪い例」だと、ご理解ただければと思います。

 

【弁護士事情】静岡花みずき法律事務所

問題解決アドバイス

お困り事別

お困り事別

弁護士のお役立ち情報と雑感@静岡
ページの先頭へ