一番初めの趣味は読書

私は「考える」「感じる」ということが、私自身の人生そのものだと思っています。

 

弁護士という仕事が気に入っているのも、思考停止になることが許されず、常に「感じて」「考えて」「判断する」ことが求められるからだと思います。

 

そして、私のそのような人生観を作ったのは、まぎれもなく読書です。

 

私の読書は趣味というより、水や食べ物に近いもので、本が無いと苦しくなってしまいます。

 

特に誰からも読書を勧められた訳でも無いのに、いつの間にか読書中毒になっていました。

 

親から言われたのは、2~3才の頃から、絵本を十数冊持たせておけば、おとなしくしているという性格だったようです。

 

逆に、絵本がないといつのまにかどこかへ出かけてしまい、怪我をしたり泥だらけになって帰ってくるので、親としては、絵本を購入したり、当時の「移動図書館」なるものをフル活用していたようです。

 

良く両親が本を読んでいる姿を見れば、子供も自然と本好きになるといいますが、私の直系血族においては、そのような歴史は全くありません。

 

逆に、私が小学生の頃、親に「どうして本を読まないの?」と聞いたような記憶があります。

 

歩きながら本を読む自分の方がおかしいと気づいたのは中学生になってからでした・・・

 

その後も、本の世界に入り込んでしまうと周囲の物音が自動的にシャットアウトされてしまうので、友人の呼びかけに答えなかったりして、「本バカ」とか言われていました。

 

ですから、私の趣味の中で最も歴史の長いものが読書ということになります。

 

本当は国文学を大学で学びたかったのですが、両親と担任教師の大反対で「潰しが効く」学部へしか進学できなかったことは、他の項目でもお話ししたとおりです(国文学を学んでも、弁護士を目指したような気はしますが・・・)。

 

せっかくなので、私が今まで読んだ本や短編などから心に残ったものをブログでまとめようと思ったのですが、全てをブログに書くことに手が回りません。

 

そこで、長期の休みなどで時間が余った時に、ブログでの本の感想は書くことにして、ツイッターの短文でこまめに書いていくことにしました。

 

ツイッターへは、以下のリンクをクリックしていただければ、アクセスできます。

読んだ本のツイート

 

誰でも知っているような名作から、私だけの趣味に走ったものまで、分野を問わず書いていきます。

 

もし、共感していただければ、これほど嬉しいことはありません。

 

よろしくお願いいたします。

 

「過去に読んだ本についてのブログ記事」についてはこちらをにまとめてあります。

 

弁護士ブログ村→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ うれしい顔

今後のブログのテーマ選びの参考のため、「いいね」ボタン(Facebook・Twitter・Google+)でご感想をいただけると嬉しいです。


カテゴリー: 読書中毒の同士へ, 私の大好きなこと~全くおトクにならない雑談ですが・・・~

コメントは受け付けていません。