明日、ママがいない

寒い日が続き、風邪やインフルエンザも流行っているようです。

 

皆様もお体にお気を付けください。

 

さて、私は余りテレビは見ないのですが、夕飯を食べながらふと見ていた「明日、ママがいない」というドラマが色々と話題になっているようです。

 

放送中止の要請をしている団体もあり、それを受けてCMを降りている会社もいくつかあるとのこと。

 

私は当初「そもそも、何が論点なんだろう?」と分かりませんでした。

 

どうも、色々とニュースなどを見ていくと、例えば、

 

養護施設に入所している子供の主人公のあだ名を(「赤ちゃんポスト」をもじって)「ポスト」としていことに対する抗議

 

施設の職員が子どもに暴言を吐いたり、ペット扱いするような、実際の養護実態とかけ離れた描写に対する批判

 

があるようです。

 

確かに、私も仕事関係で養護施設に行くこともありますので、テレビをつけた時には、違和感は感じました。

 

「昭和の初期~中期の時代をデフォルメしたものかな?」などと思って見ていたら、現代版のようなので、「これは無いな」と思って、チャンネルを変えました。

 

その意味で、私の感想は、現実から乖離しすぎていて共感しにくく、特に得られるものも無い視聴率狙いのドラマ」というものです(もっとも、始まったばかりなので、補助金や里親手当・養育費等の問題点を最後の方に準備しているのかもしれませんが・・・)。

 

ですから、二度とこのドラマにチャンネルを合わせることは無いでしょう。

 

ただ、だからといって、「放送を中止しろ」「内容を変更しろ!」という意見には私は賛同できません。

 

あくまで「作り物」は「作り物」であり、私がちらっと見た限りでも、視聴率を狙った演出に過ぎず、別に差別意識や悪意をもって作られたものではないように見えました。

 

普通の判断力がある大人だったら同じように感じるのではないでしょうか。

 

あとは、チャンネルを変えるか、変えないか、個人の好みの問題だと思います。

 

そもそも、自分たちの世界だけの価値観で「差別や偏見を助長する」「子どもたちを傷つける危険がある」と一方的に判断して、「放送を中止しろ!」「内容を変更しろ!」と他人の表現の自由を奪うのは傲慢な姿勢に感じます。

 

それに乗っかって、CMを撤退する企業は、自分たち企業利益の保身だけを図っているようにしか見えません。

 

本当にあのドラマを見て、養護施設の子供に「ポスト」というあだ名をつける子供はいるのでしょうか?

 

もし、いたとした場合、それを注意したり、議論させたりする大人は近くには居ないのでしょうか?

 

ドラマや映画を見て、人の過去のトラウマがフラッシュバックする危険のあるのは、今回が史上初のケースなんでしょうか?

 

そのような危険のあるドラマを、全て事前に修正・排除して、「誰一人傷つく危険の無いドラマ」だけが放映されるのが、私たち日本国民が望む世界なのでしょうか?

 

「貴方が何を言おうと止めはしないけど、私も好きなことを言わせてもらう」

 

という価値観を持つ私には、ちょっとなじめない抗議活動だったので、雑感として書かせていただきました。

 

P.S.
最近、慈恵病院のHPで見解が出されました。

勉強になる部分、反論したい部分が多々ありましたが、TV局やCM放送会社は、ドラマ内容修正の方向に動いているようなので、敢えて反論の方だけをちょっと書いてみます。

慈恵病院のご意見の中に、「誰もが経験して正誤が判断出来る学校ドラマと違って、養護施設と養護学校の区別すら知らない人が多く、ましてやグループホームなど知らない人がほとんどなので、誤解や偏見を生みやすい。」という趣旨の記載がありました。

でも、過去のドラマの中に、多くの人が知らない世界を描いたものは一切無かったのでしょうか?

例えば少年事件を起こした少年達の生育環境や正確な犯行態様に目を向けず、世間に誤解と偏見を生むようなドラマやニュースが放送され、彼らの更正を著しく困難にしていることは無かったでしょうか?

公開されない少年事件の内容を、その更正にご協力いただいている施設、個人、団体、企業の皆さん、法曹関係者以外で、どれだけ正確に把握している人がいるのでしょうか?

そして、失礼ながら、慈恵病院の方々は、「表現の自由」が成立した沿革や、「事実上の検閲」が一私人によって行われることの危険性、「表現の自由に対する萎縮的効果」、私たち国民の「知る権利」について、十分にご理解をいただいているのでしょうか。

「自分が正義だ!」と思った瞬間から、その人には現実の世界が見えなくなります。

他人の表現を自分たちだけで抑圧するという方法ではなく、もう少し
広い視野で、世間に議論の場を投げかけてみたらどうかと、私は思います。


カテゴリー: 時事についての感想

コメントは受け付けていません。