イヌの心理

もう、今年も終わりですね。


本当に早いものです。


クリスマスも終わり、年末になったので、ブログの背景も変えてみました。


1年間は、あっという間ですね。


さて、犬を飼うブームもあって、犬に関する事件を聞いたりすることが多いです。


犬が人を噛んでしまった場合、もちろん飼い主に動物の占有者としての責任が生じます。


そこで、良く争いになるのが、被害者の方と犬との噛まれた時の関係です。


被害者が犬をからかったのか、驚かせたのか、犬をノーリード(ひもで結ばない)で散歩していたのかなど、色々な事実関係が問題となります。


他に目撃者がいることも少ないので、この事実関係の証明は難しいです。


ただ、裁判例では、犬の飼い主に不利なものが多いようです。


たとえば、犬の散歩で、側を通ったご老人に自分の犬が吠えてしまって、驚いたご老人が転んで大けがをした場合にも、飼い主が責任を負うとしたものがあります。


自分の犬が吠えるかどうかは、散歩していてもなかなか事前に予測できないので、これで全責任を負うのは、飼い主からみると相当きついものがあります。


自動車保険ほど、動物保険は多くの方が加入はしていないようですので、損害賠償も大変です。


できれば、しつけをしっかりするとか、散歩の時に注意をするなどしてトラブルを防止したいものです。


人間と同じように、犬にも一匹一匹性格が違うので、それに応じた注意を飼い主がしていくしかないんでしょうね。


ちなみに、犬が尻尾を振っているのは、喜んでいる時だけでなく、警戒しているときもあるとのことです。


尻尾を円をかくように振っている時は、喜んでいることが多いようですが、尻尾よりも表情で確認をした方が間違いないようです。


舌を出してリラックスしているようであれば、喜んでいる場合が多いようです。


私も何件か、犬の問題について、訴訟をやったことがありますが、犬の習性というのもその度に考えさせられます。


カテゴリー: 日常生活の法律問題

コメントは受け付けていません。