不倫をした夫(妻)と不倫相手のどちらの方が悪い?

最近は、暖かい日があるかと思うと、急に寒くなったりして、体調を崩しがちです。

 

皆さんも、お体に気をつけてください。

 

さて、不倫慰謝料のお話ですが、AとBとが夫婦でCがAと不倫行為を結んでしまったという事例でした。

 

この事例で、Bが慰謝料請求していく場面で、AとC、どちらが悪いのでしょうか?

 

結婚していながら浮気をしているAが悪いような気もしますし、Cから積極的に誘っていたのであれば、Cが婚姻関係を壊したとも言えそうです。

 

これについては、平成4年と平成17年に東京地方裁判所裁判例があります。

 

その裁判例では、Aの方が専ら重い責任を負うと言っています。

 

やはり、夫婦である以上、第三者と性的関係を持たないことが法律上の義務ですし、それを直接破っているのはAだからです。

 

そこで、その裁判例では、専ら責任を負うのはAであり、Cの責任は副次的とまで言っています。

 

それでは、BはAにたくさん請求できて、Cには少なめにしか請求できないのでしょうか?

 

ちょっと難しいお話になるので、この続きは次回に回します。

 

「不倫と慰謝料」の過去ブログ記事についてはこちらをご参照ください。

 

 

弁護士ブログ村→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ うれしい顔

今後のブログのテーマ選びの参考のため、「いいね」ボタン(Facebook・Twitter・Google+)でご感想をいただけると嬉しいです。 


カテゴリー: 不倫と慰謝料

コメントは受け付けていません。