あなたには絶対メイワクかけないから・・・〜保証人

今日のタイトルはなんだと思いますか?

 

お金を借りようとする人が、友人・知人に保証人ほしょうにん)になってもらう時に言う決めゼリフがこのタイトルなんですね。

 

保証もりっぱな契約です。

 

そして、その契約は、お金を貸す人債権者さいけんしゃ)と保証をする人保証人ほしょうにん)との間の契約なんです。

 

債権者と保証人との契約?

 

あれ?何かおかしいと思いませんか?

 

そうです。

 

お金を借りる人債務者さいむしゃ)が出てこないんです。

 

つまり、皆さんのお友達が「あなたには絶対メイワクかけないから・・・」と言って差し出した書類に署名する時、そのお金を借りるお友達は保証の契約の当事者じゃないんです。

 

なので、「メイワクをかけない」との言葉は、当事者であるお金を貸す人が関わってこないかぎり、法的にはほとんど意味がありません。

 

つまり、後から皆さんのお友達が夜逃げしようと破産しようと、皆さんは保証人としての責任を果たさなければなりません

 

しかも、皆さんに差し出される書類の署名する所には、「連帯保証人れんたいほしょうにん)」と必ず書いてあります。

 

連帯がつくとどれだけ恐ろしいのでしょうか?

 

これは、また「『連帯』保証の恐怖」の項目で。

 

「契約のお話」の過去ブログ記事についてはこちらをご参照ください。

 

弁護士ブログ村→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ うれしい顔

今後のブログのテーマ選びの参考のため、「いいね」ボタン(Facebook・Twitter・Google+)でご感想をいただけると嬉しいです。


カテゴリー: 契約のお話

コメントは受け付けていません。