この契約は書面でお願いします

民法では多くの「契約」は口約束でOKというお話をしました。

 

言い忘れましたが、民法みんぽう)というのは、私たちの日常生活で他の人(家族・親戚・他人など全部)との問題の解決について定めている、いちばん基本となる法律です。

 

その条文は1044条にも及び、法律の考え方をいちばん学べる法律とも言われます。

 

なので、弁護士や裁判官(さいばんかん)・検察官(けんさつかん)を目指す司法試験(しほうしけん)でも、「民法を制する者は司法試験を制する。」なんてことが言われていたりします。

 

その民法で、書面によることが求められているのが保証契約です。

 

私が司法試験の勉強をしていた頃は、保証契約は書面でなくてもOKでした。

 

しかし、軽い気持ちで借金の保証をして、その結果破産するなどの問題がとても多かったことから、平成16年の民法改正で、書面で契約をすることが決められました。

 

保証契約の怖さについては、また改めてお話したいと思っています

 

「契約のお話」の過去ブログ記事についてはこちらをご参照ください。

 

弁護士ブログ村→にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ うれしい顔

今後のブログのテーマ選びの参考のため、「いいね」ボタン(Facebook・Twitter・Google+)でご感想をいただけると嬉しいです。


カテゴリー: 契約のお話

コメントは受け付けていません。