借金の整理方法にはどんなものがあるの?|静岡市の花みずき法律事務所

TEL:054-260-5275
Call: 054-260-5275

借金は整理できる!

借金の整理方法にはどんなものがあるの?

借金が増えてしまって、毎月の返済が大きな負担となっています。どのような方法で解決したら良いのでしょうか。

弁護士からのアドバイス

債務整理の方法としては主に次の3つの方法があります。

① 任意整理(にんいせいり)

② 個人再生(こじんさいせい)

③ 自己破産(じこはさん)

 まず、注意しなければならないのは、どの方法をとっても信用情報機関に登録されてしまい、新たな借り入れやクレジットの利用が5年~7年間できなくなることです。よく「ブラックリスト」に乗るという言い方で言われます。

① 任意整理とは、弁護士などが、依頼者の代理人として各債権者と交渉して、支払総額や毎月の返済額を減少させて生活を立て直していこうとするものです。現在では、消費者金融から借りている方は18%程度の利息を支払っていることが多いと思います。これを利息をゼロ%とするとともに、毎月の支払額を減少させるよう債権者と交渉します。個別に債権者と交渉するものですから、裁判所への申立が不要な点が他の二つとの大きな違いです。

② 個人再生とは、定期的に収入のある方が、裁判所への申立により、借金を一部減額してもらい、原則として3年間で支払っていくという制度です。裁判所への申立が必要という点で任意整理とは異なりますし、借金を一部ですが支払っていくという点で自己破産とも異なります。

③ 自己破産とは、自分の収入では支払いきれないほどの借金を背負ってしまった場合に、裁判所に申立をすることで、財産を清算して債権者に支払うとともに、残った借金を免責という決定で免除してもらう手続きです。

 また、長い期間借金の返済をしていた方は、法律で定める利息以上の利息を支払ってしまっている場合があります。このような場合には、「過払い」と言って、払いすぎた利息が戻ってくることもあります。平成の初め頃から消費者金融での借入・返済の取引が継続しているような方は、一度過払いではないか弁護士などにご相談されることをお勧めします。

 

【債務整理・破産・個人再生Q&A 静岡花みずき弁護士事務所】

問題解決アドバイス

弁護士のお役立ち情報と雑感@静岡
ページの先頭へ